<

中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

仲介手数料を払ってでも仲介業者を利用したいケースとは?

   

中古マンションを購入する際、できるだけ売主から直接購入するようにすれば、支払う手数料を支払わなくてすみます。

でも逆にたくさんの仲介手数料を支払ってでも仲介業者を利用した方がいい…
そんな逆のパターンもあることをご存知でしょうか。

まず、その前提条件として購入したい中古マンションの詳しい条件が決まっていない場合です。
より多くの物件情報の中から、一番いい物件を選ぶなら、やはり仲介業者を入れた方がラクに探せるからです。

市場に出回っている中古マンションの物件数は、新築マンションに比べれば圧倒的に少ないですし、情報的にも乏しいものです。
条件のいい物件はすぐに売り切れてしまうのが現状ですから、それならば仲介業者を通りして不動産を探したほうが得の場合も多いのです。

仲介業者の営業マンは買主の要望に合わせていろいろな中古物件情報を提供してくれます。
中には取って置きの中古物件もあるかもしれません。

買主はその中から購入したい物件を選べばいいので、とてもラクに選び出すことができます。

では、どういう場合に仲介業者を利用すべきなのかは、大まかに言うと次のようなケースです。

購入したい中古マンションがある地域を、あまり細かく限定していない場合とか、購入したい地域の情報があまりわからない場合…
そういう時です。

このような場合は、なるべく多くの中古マンション物件情報を仕入れたいと考えますから、仲介業者を大いに利用すればいいのです。

 - 仲介手数料 , , , , , , , , , , , ,