<

中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

変動金利住宅ローンの特徴

   

中古マンションの購入を契約すると、住宅ローンのプランを選ぶ作業へとしだいに移っていきます。
そこで判断すべきタイミングがやってきます。

住宅ローンの金利については金利が高い低いという話とは別に、どっちが有利なのか、それとも不利なのか…
そういう視点で住宅ローンのことを考えると、いろいろ悩んだり判断すべきケースがやってきます。

具体的には「変動金利」と「固定金利」のことです。

この二つの金利について少しご紹介します。

まずは変動金利の住宅ローンについてですが、変動金利とは市場の金利に変動して金利が変動する金利のタイプのことで、半年に1回金利の見直しが行われます。
毎月の返済額自体は変動金利といえど5年間はずっと据え置くこととされています。

毎月の住宅ローン返済額に占める元本部分と利息部分のバランスを調整することで、5年間は同じ金利で返済していくものだからです。

5年間で上手く金利が減っていけばいいですが、逆に増えてしまうと、増えた分の金利支払いが増えますから、その分、元本の減る速度が遅くなってしまいます。

つまり、金利が上昇した場合でも、5年間は毎月返済額はかわりませんが、その分も含めて5年後に毎月返済額が大きく増加してしまう恐れがあるのです。

 - 住宅ローン , , , , , , , , , , , ,