<

中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

固定金利の住宅ローンの特徴

   

固定金利型の住宅ローンとは、あらかじめ定められた一定期間は金利は変動しない…
そんな住宅ローンのことです。

固定金利の住宅ローンだと5年、10年、20年、30年、35年など、ある一定期間は金利は変動しません。

いろいろある固定金利ですが、どのような場合に選ばれるかというと、このうち固定期間が2年~3年のものは変動金利と同じように市場金利の下降が予想される場合に選ばれ、固定期間が5年以上のものは将来にわたって市場金利が上がるのか増えるのかが判断しにくい時に選ばれたりします。

あるいは、ある一定期間は金利変動を気にすることもなく安心して住宅ローンの返済を行いたい…と思う場合に選択されるタイプです。

もし仮に、固定金利を選択しても、当初の固定金利期間が満了すれば、あらためて固定金利か変動金利かどちらかを選ぶことができますから、そういう意味では今の市場金利の動向を的確に把握できるのかもしれません。

また、全期間を固定金利で返済してしまうタイプもあります。
全返済期間を通じて金利が変動しませんので、市場金利がこれからずっと上がるか上がったままの状態だと判断するときに、多く選択される金利タイプといえます。

 - 住宅ローン , , , , , , , , , , , ,