<

中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

変動金利型住宅ローンのほうが得をする理由

   

中古マンションを購入した際に、選ぶべき住宅ローンのタイプについてご紹介します。

いよいよ本題ですが、変動金利と固定金利で一体どちらが有利なのかという話です。

個人的な見解ですが、少なくとも今この時点(2014年)では、変動金利のほうが全期間固定金利よりも得します。

つまり、変動金利の総返済額の方が全期間固定金利型の総返済額よりも、少なくなる可能性が高いからです。

理由は2つありますが、1つ目は住宅ローンの返済開始時点の金利が低いということです。

返済開始時点の金利が低ければ、その分だけ早く元本を減少させることができるようになり、支払う利息の節約効果が高くなり、総返済額が少なくなる可能性がさらに高くなります。

2つ目は、固定金利の金利は金利上昇リスクを織り込んだ少し高めの金利設定をしているからです。

貸す側の金融機関にとって、全期間固定金利の住宅ローンを提供することは、かなりリスクの高いことです。
なぜなら、金利が上昇しても住宅ローンを引き上げられないため、金融機関が資金を調達する金利が、住宅ローンの金利よりも上回ってしまう可能性もあり、かなりリスキーなプランなのです。

だから、全期間固定金利を設定する場合は、ある程度の金利上昇リスクを織り込んだ、少し高めの金利になっているわけです。

このようなことから、やはり変動金利を選択するほうがお得になる可能性が高いということです。

 - 住宅ローン , , , , , , , , , , , ,