中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

住宅ローン

繰り上げ返済の効果をよりもっと高めるコツとは…

投稿日:

繰り上げ返済手数料とは、住宅ローンの繰上げ返済をするために必要となる手数料のことです。

この繰上げ返済がしやすいかという見方からすれば、手数料は少しでも安いに越したことはありません。

手数料を安くするためのコツは、単純に中古マンション購入時に、少しでも安い繰上げ返済手数料の住宅ローンを選ぶことです。

そしてさらに、よりもっと繰り上げ返済の効果を高める方法をご紹介します。

一番効果を高める方法は、返済開始後、なるべく早い時期から繰上げ返済を頻繁に行うことが最も有効な手段だと言われています。

理由は、住宅ローンの支払利息の金額が、借入期間に応じて変動するからです。

その際に繰り上げ返済のし易さも重要です。
つまり少ない金額でも繰り上げ返済ができるような住宅ローンを選ぶことです…。

少ない費用で繰り上げ返済できれば、早ければ返済開始の翌月から、毎月のように繰り上げ返済することもできますし、利息の返済効果が大変大きくなります。

逆に、例えば100万円以上じゃないと繰り上げ返済できないとしたら、100万円が貯まるまで繰り上げ返済ができなくなってしまいます。

こうなると、繰上げ返済による利息減少効果も小さなものなってしまいます。

繰り上げ返済がしやすいのか…については、少ない金額でも繰り上げ返済できるかということであり、これはとっても重要なポイントなのです。

最近では、最低金額がなんと1円でも繰り上げ返済できるところもあります。

中古マンションを購入して住宅ローンを組む際は、できるだけ繰り上げ返済がしやすい住宅ローンを選ぶようにしましょう。







-住宅ローン
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

無理なく返済できる住宅ローンの借入額の決め方

今はネットやフリーソフトで、誰でも住宅ローンのシミュレーションができます。 無理なく返済できる住宅ローン借入額は、無理なく返済が続けられる毎月の返済額と借入金額、借入利率から計算できますが、具体的な計 …

住宅ローンのプロは変動金利型のほうが得だと考えている

住宅ローンのプロは、相談者に対して金利上昇のリスクのある変動金利を勧めることなんて、プロだからこそしません。 将来的な安定性を重視すれば、気が進まないからです。 でも、そういう人たちの中にも、本音では …

変動金利型住宅ローンのほうが得をする理由

中古マンションを購入した際に、選ぶべき住宅ローンのタイプについてご紹介します。 いよいよ本題ですが、変動金利と固定金利で一体どちらが有利なのかという話です。 個人的な見解ですが、少なくとも今この時点( …

安心した中古マンションの購入予算を決めたい!

安心して、安全に、中古マンションの購入予算決めるにはどうすればいいのか…この決め方は、住宅売買代金だけ考えていては絶対ダメ。 住宅購入に付随して必要となる諸費用も、とりこぼさずに全部含めて考えて下さい …

不要なカードを解約しておくと住宅ローンの事前審査が通りやすくなる

過去に金融機関からの借り入れで返済不能に陥った方や、現在多額の借り入れがあるという方は、ほとんどの金融機関は融資の対象と考えていません。 金融系の住宅ローンを利用とする場合は、なるべく多額の借り入れが …