<

中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

住宅ローンの事前審査を受けすぎると、住宅ローンの審査に通らなくなる…

   

住宅ローンを利用するためには、住宅ローン保証会社が実施する審査に合格する必要がありあす。

基本的に、住宅ローンの審査は契約を締結した後に受けるものですから、その時点で審査に通らないということになってしまうと、逆に中古マンションの売主に迷惑をかけてしまいます。

そこで、契約締結する前に、住宅ローンに審査に通るかどうかについて、おおよその判断を付ける制度を活用しましょう。

その制度とは、「事前審査(仮審査)」というもので、ほとんどの住宅ローン申込者が利用できます。

この事前審査の制度は、とても便利で、しかも気軽に受けられますし、中古マンションを購入する際にとても役立ちます。

しかし逆に事前審査を受けすぎると、どこの金融機関の住宅ローン審査にも通らなくなってしまう恐れがあります…

どういうことかというと、ほとんどの金融機関では事前審査の段階から「個人信用調査」を行いますが、この「個人信用調査」は、各金融機関が共通のデータに基づいて行われています。

つまり、過去に何度も中古マンションを購入しようとして、他の金融機関で事前審査を受けたことがあると、新たに事前審査をうける金融機関にばれてしまうというわけです。

他に住宅ローンの事前審査を受けたにもかかわらず、新たに事前審査を受けようとすれば、普通は前に受けた事前審査に落ちた…
そう判断されてしまいます。

いったん、そういうふうに判断されてしまうと、なかなか住宅ローン審査に通らなくなってしまうので注意が必要です。

 - 住宅ローン , , , , , , , , , , , ,