中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

火災保険

悩ましい家財保険は必要な範囲で加入しよう

投稿日:

火災保険に加入することで補償されるのは、中古マンションの建物本体だけです。

中古マンションの部屋に置いてある、テレビや洗濯機などの電化製品や家具などの家財が損傷しても補償されません。

そのため、中古マンションの各部屋にある家財の損害に対して補償を受けるためには、火災保険に付帯して家財保険に加入する必要があります。

しかし、家財保険については絶対に加入しなければならないというものではありません。

少なくとも一戸建ての方については、マンションよりも家財保険に加入していることでメリットが大きいケースが多いと思います。

もちろん、余裕があれば家財保険に加入することに越したことはありませんが、過剰な備えばかりをして現実の生活がひっ迫するようでは本末転倒です。

家財保険の加入については、生活を再スタートするのに最低限必要な家財を購入するにはどれくらいの金額が必要かを考えて、その範囲で検討すればいい…そういう考え方が重要だと思います。







-火災保険
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

中古マンションの地震保険には必ず加入すべき

中古マンションで加入する地震保険には必ず加入しておく必要があります。 一般的には、普通の火災保険だけでは、地震によって発生した火災により被った損害は補償されません。 地震が原因で発生した火災で損害を受 …

マンションの高層階に住んでるから水害の心配はないはホント!?

新築マンションと同じように中古マンションでも火災保険をかけることは大切なこと。 でも悩むのが水害による浸水被害があるかどうか…。 「マンションの高層階に住んでいるから床上浸水なんて心配ない。」 「マン …

火災保険料の値上げ!そのメリットや今後の対策

たくさんの人たちが、新築一戸建ての家が完成したり新築マンションを購入した後、大事な我が家のために火災保険へ加入します。 その契約期間は、一般的に住宅ローンと同じ35年の保証期間で加入するのが一般的です …

火災保険より何十倍も重要な中古マンションの地震保険

中古マンションでも火災保険料は必須です。 新築マンションと同様、マンションエントランス(玄関入口)などの共有部分は、管理組合で火災保険に加入しますが、専有部分については、各所有者が任意で加入することに …

火災保険の更新が10年ごとに更新できる、そのメリットとは…

みなさんご存知ですか? 2015年秋以降、火災保険への加入すると10年超の契約ができなくなります。 これでどんなデメリットがあるかというと、 実際に支払う総支払火災保険料が、今までの長期契約よりも高く …