中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

住宅ローン

中古マンションを購入して住宅ローン控除を受けるコツ

投稿日:

新築の一戸建てやマンションを購入すると、住宅ローン控除の適用を受けられますが、中古マンションで控除を受けるにはある条件があります。

そもそも住宅ローン控除とは、個人が住宅ローンを利用して住宅を購入した場合に、返済期間開始後の一定年数までの間、所得税が軽減される制度のことで、購入側にとってはとてもメリットのある税金控除なので、必ず適用をうけたいところです。

しかし、中古マンションの場合は次のような条件をすべて満たすことが必要です。

その条件を説明します。

○耐火建築物であり、25年以内に建築された物件であること、耐火建築物以外であれば20年以内に建築された物件であること。

これはつまり、長期間にわたって居住することができるような中古マンションだけを適用対象としています。

そのほかに…

○中古マンションの床面積が50㎡いじょうであること。
○中古マンションの住宅ローンを、今後10年以上にわたり分割して返済していくこと。
○中古マンションを購入してから6ヶ月以内に居住すること

などが主な条件です。

通常なら、ほとんどの場合で条件をクリアできると思いますが、コツは物件選びで建築年数の浅い物件を選ぶことです。

築年数については慎重に判断・見極めして購入することをぜひおすすめします。







-住宅ローン
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

不動産業者の営業担当者にすべてまかせてしまうと危険な住宅ローン選び

中古マンションを購入すると、不動産業者の営業担当者がおすすめな住宅ローンのプランを説明してきます。 固定金利なのか変動金利なのかなどをいろいろ説明してきますが、結局、扱う住宅ローンは不動産会社と取引の …

なるべく金利の低い住宅ローンを選ぼう!

住宅ローンを支払う条件ある例をご紹介します。。 中古マンションの物件価格3000万円を住宅ローン金利2.0%、借入期間を35年で借り入れたケースで試算してみます。 毎月の支払額は9万9千円、ボーナス支 …

事前審査が通りやすい住宅ローンは営業マンがすべて知っている!

住宅ローンの事前審査が通りやすい住宅ローンを探すには、中古マンションを売っている営業担当者の力をできるだけ借りましょう。 多くの営業担当者は、お客さんにとって有利となる住宅ローンについては知りませんが …

最初から繰り上げ返済しやすい住宅ローンを選ぶことが早期返済のコツ

中古マンションを購入する際、より良い住宅ローンを探すための3つ目のチェッポイントが、繰り上げ返済をしやすいかどうか…です。 繰り上げ返済とは、返済期日の前に元本の一部や全部を、繰り上げて返済することで …

どれだけ繰り上げ返済しやすさかが早期返済のポイントです…

繰り上げ返済の手続きは、必ずインターネット上でできる住宅ローンを選んでください。 これは繰上げ返済をできるだけ頻繁に行うための最低条件です。 また、同時に早期返済をするためでもあります。 繰上げ返済に …