<

中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

中古マンションの購入に役立つ不動産所得税の軽減措置を知ろう!

   

中古マンションを購入する際の不動産所得税とは、不動産を売買することで取得した場合に、収めなくちゃならない別名で都道府県税のことです。

標準的な課税額から、ある一定の金額の控除してくれる便利な軽減措置で、主に新築物件に適用されるものです。

でも、実は中古マンションを購入したときにもその軽減措置を受けられるケースがあることを知っていますか?

中古マンションを購入する際に軽減措置が受けられる要件は次に示すものです。

このうちの1つでも満たされていれば、ちゃんと軽減措置を受けられます。

○中古マンションの床面積が50㎡以上240㎡以下であること。
○築20年以内のものであることか、耐火構造物であれば25年いないであること。
○新耐震基準に適合していること。

この3つのうちいづれかに該当していればOKです。

例えば、1989年新築のマンションを中古マンションとして購入した場合の軽減措置を試算してみましょう。

固定資産課税上の物件評価額が1100万円だとすると…

(1100万円ー1000万円)×3%=3万円となり、つまり3万円が軽減されるということになります。

ここに示されている1000万円とは、築年数によりあてはめられる軽減額のことです。

築年数が高いほど軽減額が350万円~1000万円までの間で変動しますので、当てはまる金額を使用してください。

 - 中古マンション購入のお得情報 , , , , , , , , , , , ,