<

中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

中古マンションの購入時に必要な諸費用のうち消費税として課税されるもの

   

新築マンションの購入で消費税が課税される…
これは当然のことだとは思うのですが、中古マンションの場合だと一体何に課税されるんでしょうか。

実際、中古マンションを購入する際に消費税として課税対象となるものには次のようなものがあります。

○中古物件の売買代金
中古マンションを個人間で売り買いする場合はかなりのケースとしてあります。
もちろんその場合は消費税はかかりませんが、もし不動産業者を経由して購入する際の売買代金については、消費税が課税されます。
つまり、あくまで事業者から物件を購入する場合だけに消費税か課税されるというわけですね。

○仲介手数料
中古マンションの諸費用として必要な仲介手数料…
同時にこれは不動産業者に仲介してもらう場合の報酬金でもあります。

ですから消費税の対象にはなります。
が、仲介する不動産業者が消費税の免税事業者であるとしたら、つまり小規模な不動産業者や個人経営の不動産屋さんだとしたら仲介手数料に消費税はかかりません。

このことは重要ですから、知っておくと得しますので覚えておいてください。

○司法書士、土地家屋調査士の手数料
両者とも事業者なので、その手数料には消費税がかかります。

○住宅ローン事務手数料
住宅ローンを利用する際に、金融機関に支払うローン事務手数料にも消費税が課税されます。

ざっとこんな感じですが、仲介手数料については課税されるケースとされないケースがあるので、不動産会社を見極めるポイントになるかもしれませんね。

 - 中古マンション購入の諸費用 , , , , , , , , , , , ,