<

中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

新築にはない中古マンションならではの注意すべき点

   

世の中にあるものは、長所があれば短所もあるのが世の常です。
中古マンションが新築マンションに比べてあらゆる面でいいのかというと、それは違います。

そこには新築にはない中古マンションならではの注意点が存在するも事実です。
価格が安かろう悪かろうでは判断できないところもあるわけです。

契約後に「こんなはずではなかった…」なんて困ってしまわないように、中古マンションに内在するリスクについて、購入者はあらかじめどのようなリスクがあるのかを知ることが大切です。

これが中古マンション購入の成功の必須条件となります。
そこで、中古マンションに一体どのようなリスクやデメリットがあるのか具体的に見ていきましょう。

一つは、隠れた欠陥リスクについてです。

中古マンションのデメリットとして、築年数が経過すれば、どうしても住宅設備などの機能劣化は避けられません。
ブロードバンドの環境に対応していなかったり、天井だって低いかもしれません。

さらに断熱性能の劣化も重要な問題の一つです。
進化を続けている新築マンションに対して、建築後何十年とたった中古マンションはどうしても機能面で見劣ってしまいますよね。

いくらリフォームしても天井の高さが変えられないように、リフォームにも限界があることを知っておきましょう。
つまり、中古マンションのリフォームは、すべて希望通りにできるわけじゃない…そういうこです。

ここはしっかり把握しておきましょう。

 - 中古マンション購入の注意点 , ,