中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

中古マンションの価格相場

中古マンションを得して購入する方法とは…

投稿日:2014年12月18日 更新日:

新築マンションと中古マンションとではどっちがお得なのか…
マンション購入の旺盛な世代にとっては、とても気になるところですよね…。

そこで両方の物件相場を見てみると、実は、物件価格を決めていく課程の中で明らかに違うところがあることがわかります。

そもそも新築マンションの相場は、売主、いわゆるディベロッパーが一方的に決めた価格です。
新築マンションの価格は、言わば「作られた相場」なのに対し、 中古マンション相場は買主(市場)が決めていく…そういったイメージです。

中古マンションの物件は「市場が反映されている価格で売られている…」そう言ってもいいかもしれません。

新築マンションと中古マンションはどちらが得なのか…という判断は一概にどっちが損得という表現ではなかなか言い表せません。

しかし中古マンション価格について、一つはっきりと言えることがあります。

それは「新築」より「中古」のほうが「安い」ということです。
当たり前の話ですが、このことには景気が良かろうが悪かろうが一緒という意味を持ちます。

たとえ新築でも一度住んでしまったら「中古」になってしまいます。

だから、もし新築のマンションを買う場合に意識してほしのは、新築マンションの価格相場よりも、むしろ近隣の中古マンション相場を意識することです。

これが最も重要であり、実は少しでも「損しない」買い方なのです。

どういうことかというと、たとえ新築マンションを買っても、住み始めてしまえばすぐに「中古」となり、近隣の中古マンション相場に極めて近くなっていきます。
ですから、新築マンションであっても近隣の中古マンション並に「価格が下がる…」と覚悟しておけば間違いありません。

狙い目は、「新築マンション相場」と「中古マンション相場」にあまり開きの少ないエリアです。
そのエリアで新築マンションや中古マンションを購入することが、少しでも「損しない」購入方法なのです。







-中古マンションの価格相場
-, , , ,

執筆者:

関連記事

新築マンションと中古マンションの価格差はエリアで違う

新築マンションと中古マンションの価格差は住むエリアによって違ってきます。 新築と築10年の中古の平均価格でみると、当然、中古のほうが安い。 都市部の人気立地ほど新築と中古の価格差が縮まり、郊外ほど中古 …

no image

中古マンション価格の相場観を養うべき理由とは…

世の中に出回っている、つまり売りに出されている中古マンションの不動産価格が、本来の相場からて常に適当であるかというと、答えはそうでないのが現実です。 特に、売主が個人の場合、売り出されている中古マンシ …

中古マンションの価値は立地の良し悪しで判断できる

中古マンションの価格には、その土地の条件が大きく影響しています。 もし、今から買おうとする中古マンション価格の下落による損失を避けたいなら、購入前にしっかりと立地条件の良し悪しを検討すべきだと思います …

この方法だけ知っていれば中古マンション価格の相場観がわかる

どのようにして中古マンションの価格相場を知るか…。 通常、不動産の価格については、その不動産の取引相場や収益性、などから総合的に判断されています。 収益性というのは、その不動産を売ることで、どれくらい …

中古マンションを買うなら築10年程度の物件をターゲットにするべき

中古マンションは築何年ものを購入すればいいのか… 迷うっている人は多いですよね。 例えば…新築マンションと中古マンションの月々返済額を見てみると、 新築マンション 平均価格 4,929万円 月々 15 …