中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

中古マンションの値引き交渉

中古マンションの購入を有利に進めるたいなら知っておきたい3つのこと!

投稿日:

中古マンションの購入を有利に進めたいなら、まずは不動産の営業マンとの接触のしかたがとても大切です。

接触の方法には主に3つあります。

Ⅰつ目は、営業マンに好意的に接することはよいことですが、必要以上に親しくなってしまうことは禁物です。

忘れないでほしいんですが…、
営業マンは、十分に親しくなったお客さんこにこそ、自分の都合のいい営業を仕掛けてきます。

これは間違いありません。

彼らは、あくまで仕事としてマンションを売るために営業している…
これを忘れてはいけません。

あくまで、「営業マン」と「お客さん」という関係は崩さないように心がける…これが重要です。

2つ目が、マンションを売る営業マンになめられてはいけません。

そのためには、自分が不動産の知識があるということを営業マンに思わせることが大切です。

自分のことを「中古マンションなどの不動産について勉強しているお客さんだ…」ということを思わせることがいいと思います。

営業マンでも、「勉強しているお客さん」に対して、反論してくることがあり、それはつまり都合のより営業トークがしにくいからです。

では、どうすれば「勉強しているお客さん」と思わせることができるのかというと、これはいたって簡単で、自分が勉強してきた中古マンション購入の知識の範囲でもって営業マンに質問すればいいのです。

そうすれば、相手に単純に知らせることができますから…。

3つ目が、かなり勉強していることを印象づけることです。

営業マンに質問をぶつける際、できれば営業マンがすんなりと答えにくいようなものが望ましいのですが、なかなかそういうわけにはいきません。

そういう意味では、多くの中古マンション不動産屋の営業マンが苦手とする、税法がらみが良いかもしれません。

住宅ローン控除を受けるための要件に関することなどがおすすめです。

もし資格をもっているのなら、隠すことなくそのことを営業マンに伝えてください。

そのほうが、必ず価格交渉など有利に進められますから…。







-中古マンションの値引き交渉
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

価格交渉は絶対にする!

新築一戸建てであろうと、新築マンションであろうと、中古マンションであろうと… 住まいを購入する際には、必ず価格交渉をしなくちゃいけません。 なぜなら、中古マンションの売り出し価格は、多くの場合、買主側 …

中古マンション購入の値引き価格交渉の決め手は…

中古マンションの値引き交渉理由をさらに強く示すなら、価格相場の話をするといいかもしれません。 「マンションの建築年数からすると、相場よりも200万円くらい高いんじゃないか…」 そんな相場観からのアプロ …

未完成の新築マンションは値引き交渉してもいい!?

未完成の新築一戸建てについては、あまり過度な価格値引き交渉をすると、住宅設備面で価格の安いものを導入される危険性があります。 そういう意味ではあまり価格交渉をしない方がいいと思います。 ただし、新築物 …

中古マンションの価格は粘り強く値引き交渉する!

中古マンションの値引き交渉をしたものの、思っていたよりも売主から強気の回答がある場合があります。 例えば、1980万円の中古マンションを1900万円で購入するために、買主が1800万円で購入申し込みを …

中古マンションを買うなら気をつけたい、不動産屋のホンネ

中古マンションを販売する営業マンにとってのホンネ、それは物件を売る時、売って得られる利益が大きいければ大きいほどいいに決まっているということ。 例えば、ある中古マンションの販売不動産の営業マンがAとい …