中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

中古マンションの購入時期 住宅ローン

どうすれば毎月の住宅ローン返済を無理なく続けられるか

投稿日:2015年6月6日 更新日:

毎月の住宅ローン返済を無理なく続けられる、そんな返済額って一体どれくらいの金額なのか…、
を考える前に、あなたにお子さんはいますか?

ということを考えてみてください。

今後、あなたのお子さんが成長していくと、家計の支出もそれに比例して多くなります。

しかし、そんな支出が多くなる時期であってもは、たして住宅ローンが返済できるでしょうか?。

そうならないような住宅ローン、これがあなたの毎月の支払い額の目安です。

一般的によく言われる言葉として、不動産業者の営業マンが賃貸マンションを借りているお客さんに対してよく言う言葉があります。

今の賃料をもとに判断して、毎月の住宅ローン返済額を設定すれば、新しいマンションを購入しても絶対に損はしませんよ…と。

これって一番危険なことなのです。

なぜなら、しばらくは住宅ローンを返済することができても、将来、子供が大きくなり、家計の支出が最も多くなる時期に返済できなくなってしまう可能性があるからです。

返済計画の安全性を重要視するなら、必ず、家計支出が多くなる時期がいつか、一度考えてみてください。

そんな時期でも安全に住宅ローンが返済できる…
その額が理想の住宅ローン返済額なのです。







-中古マンションの購入時期, 住宅ローン
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

無理なく住宅ローン返済が続けられる毎月の返済額の考え方

中古マンションの住宅ローンを無理なく返済できる… そんな毎月支払続けられる返済額って、どういうところに関係するかというと、実は今後のお子さんの成長に大きく関わってくるんです。 子供が大きくなると、家計 …

中古マンションの引き渡し前に補修箇所をチェックしよう!

中古マンションを購入する場合、買主が物件補修の竣工検査、つまりリフォーム検査を難しいとされています。

不要なカードを解約しておくと住宅ローンの事前審査が通りやすくなる

過去に金融機関からの借り入れで返済不能に陥った方や、現在多額の借り入れがあるという方は、ほとんどの金融機関は融資の対象と考えていません。 金融系の住宅ローンを利用とする場合は、なるべく多額の借り入れが …

安心した中古マンションの購入予算を決めたい!

安心して、安全に、中古マンションの購入予算決めるにはどうすればいいのか…この決め方は、住宅売買代金だけ考えていては絶対ダメ。 住宅購入に付随して必要となる諸費用も、とりこぼさずに全部含めて考えて下さい …

不動産業者の営業担当者にすべてまかせてしまうと危険な住宅ローン選び

中古マンションを購入すると、不動産業者の営業担当者がおすすめな住宅ローンのプランを説明してきます。 固定金利なのか変動金利なのかなどをいろいろ説明してきますが、結局、扱う住宅ローンは不動産会社と取引の …