<

中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

中古マンション購入に必要な印紙代と仲介手数料はこんな方法でお安くできる

   

中古マンションのような中古物件を購入するためには、経費として必ず諸費用が必要です。

○売買契約書に貼付する印紙代

これは、売買契約時に支払うもので、不動産の売買額が10万円を超えるものであれば必ず必要となるもの。

ただし、平成26年4月1日から平成30年3月31日までの間に作成されるものについては、軽減処置というものがあり、安くできます。

例えば、
・契約書の金額が1000万円超5000万円以下なら1万円(本来は2万円)
・契約書の金額が5000万円超1億円以下なら3万円(本来は6万円)

というように、額は小さいですが半分に抑えることができるので、お得です。

○仲介手数料

中古マンションを購入するには、通常は不動産仲介会社介して購入することになり、契約時に一部支払、物件代金決済時に残金を全額支払うもの。

この時、不動産仲介会社へ支払うものが仲介手数料です。

しかし、この仲介手数料には消費税が課税されるという秘密が隠されていて、支払いの時にあまりの高額さにびっくりする人もいるかも知れません。

でも、不動産仲介業者と交渉すると仲介手数料を安くしてもらうこともできるため、ダメもとで相談をお勧めします。

仲介手数料の算出方法は簡単です。
物件価格(消費税除く)×3%+消費税ですぐに計算ができるため、あらかじめ算出しておいて不動産仲介業者との値引き交渉に挑みましょう。

 - 中古マンション購入の諸費用 , , , , , , , , , , , ,