<

中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

売主が「買い替え」の中古マンションは間違いなく値引き交渉できるラッキー物件だ!

      2015/09/26

中古マンションのような買い換え物件は値引き交渉がとてもしやすいものです。

そこに住んでいるマンション物件を売ろうとする売主が、気にかけている最も大切なものは何か…

ということを考えると、それは、今支払いを続けている住宅ローンを早く精算したいと思っているに違いないこと…です。

今の物件が残れば、当然、住宅ローンも残ってしまいます。

もしそうなると新居の住宅ローンと二重に借金を背負うことになりますし、売主としてはそれだけは避けたいと考えているはずです。

それに二重にローンを借入できる金融機関の条件も高いですから、場合によっては新居用の住宅ローンが組めないことも考えられます…。

売主はしっかりとできるだけ早く売却したいはずなのです。

住宅ローンを返済し、かつ売ってしまって残金が出れば、次の新居の頭金にまわせる…
そういうふうに考えている方が殆どなのではないでしょうか。

だからこそ、中古物件に無理な価格設定して市場に出すよりも、多少相場より安くても早く売れて現金が手元に入ってきたほうがいいに決まっています。

そこが中古マンション購入の狙い目です。

売主は中古マンションの購入希望者が希望する価格まで、売値を下げて交渉に応じるケースがよくありますから…

売主が物件を売却する理由をぜひ聞いてみてください。
そこで「買い替え」であることを聞いたら、間違いなく値引き交渉できるチャンスです。

 - 中古マンションの値引き交渉 , , , , , , , , , , , ,