<

中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

マンションの高層階に住んでるから水害の心配はないはホント!?

      2015/11/01

新築マンションと同じように中古マンションでも火災保険をかけることは大切なこと。

でも悩むのが水害による浸水被害があるかどうか…。

「マンションの高層階に住んでいるから床上浸水なんて心配ない。」
「マンションだと台風などの大きな被害はそんなにないのでは…?」

といった声もささやかれていますが、実際のところどうなのでしょうか。

中古マンションの火災保険を選ぶ際に、わからないけど何となくそう思いながら契約に至ってしまう方々も多いと思います。
また、入るかどうか実際に悩み続けている方もいるかもしれません。

マンションの購入は、人生で最も高価なお買い物のひとつです。

だから、きちんとした火災保険で大事な財産をきちんと守ってくれるなら、入る意味もありますが、必要のない火災保険は入ると費用も嵩みます。

ここは慎重に考えたいですよね。

まず、中古マンションの場合は集合住宅ですから、共用部分と専用部分が存在します。

相手に被害を与えたり、相手から与えられたりする場合もあるということです。

例えば、水漏れで階下に被害を与えたり、逆に階上の水漏れでその下に住む住人が被害を被ったり…、と一言で水害といっても、自然災害以外にいろんなケースが考えられるのです。

また、管理組合がある場合、共用部分に関しては管理組合で一括して火災保険に加入している場合が多いと思います。

その内容を踏まえながら、どんな保険が必要なのかを考えてみることも必要なのです。

 - 火災保険 , ,