<

中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

中古マンション購入の時に住宅ローン保証料をもっと安くするための方法

   

住宅ローン保証料と、住宅ローンとして銀行から借りた金額や返済期間によって異なります。

当然、借りた金額が少なく、返済期間も短かければ料金も安くなります。

つまり最初に入れる頭金が大きければ大きいほど、住宅ローン保証料が安くなることはわかりますよね。

でもこの住宅ローン保証料は費用的に結構かかるもの…。

例えば住宅ローンが3,000万円だとすると、35年返済でその額はなんと60万円もかかります。

しかし、最近では「住宅ローン保証料なし…」という画期的な住宅ローンもたくさん出てきました。

保証料がなければ、もちろん諸費用の額がグンと減り、負担がとても軽くなりますから、自己資金が十分にあり、諸費用の支払いも、頭金も十分に準備できる…という場合には問題ありませんが、あまり自己資金がないという方には、なるべくなら住宅ローン保証料が必要ない金融機関のプランを選択するようおすすめします。

特に住宅ローン保証料なし…そんなプランでの代表格は、ソニー銀行や新生銀行です。

単純に考えただけで3,000万円を35年返済で借入れた場合、必要な住宅ローン保証料は約60万円にも及ぶので、正直、この支払いが必要なければ少し余裕が出るでしょう。

また、ご存知の方があまりいませんが、全期間固定金利のフラット35も実は住宅ローン保証料が必要ありません。

ただし、フラット35の場合には事務手数料が金融機関によってさまざまですから、保証料だけじゃなく事務手数料も含めた金額でどちらが安いのか比較をするとよいでしょう。

 - 中古マンション購入の諸費用 , , , , , , , , , , , ,