<

中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

中古マンション購入時に必要な諸費用をサッと計算できる方法

   

中古マンションを購入する時の諸費用って一体いくらぐらいかかるのかご存じですか?

例えば、建築年数が10年で3000万のマンションだと、どのような諸費用がどのくらい必要なのか少し試算してみましょう。
まず仲介手数料が120万円弱くらいで、住宅ローン保証料が80万円前後。
この住宅ローンにかかる諸費用は火災保険を含みます。
さらに印紙税などの税金でおよそ100万円くらいです。

これ以外にリフォーム費用がかかることになります。

そこであれこれ考えるより、おおよその諸費用を試算する計算方法があります。
中古マンション購入時にかかる諸費用をサッと算出する方法として、購入価格の約1割かかるという考え方です。

物件価格が3000万円なら、かかる諸費用はおよそ300万円が必要ということになります。
この金額の割合は、中古の一戸建て住宅の場合とあまり変わりません。

ただ、中古物件を購入する際に注意したいのは、いつまでに、どんな費用を用意すればいいのかですが、あとあとこの現金の準備がとても重要になってきます。

つまり中古マンションの場合は、物件を購入するとき、現金の準備を早めにしておくことが重要だということです。

そこで中古マンションを買うときの支払時期や大まかな目安は次の通りです。

まず購入物件が決まったらすぐに100万円単位の資金が必要になります。

また、中古の場合、引き渡し時期は売主との話し合いで決まりますから、もし物件引き渡しまでの時期が3カ月以内といった具合に期間が短い場合は、残りの物件代金や購入時の諸費用がすぐに用意できるか確認することが重要です。

もっとも、その判断をして物件契約をすることがとても大切なのですが…。

 - 中古マンション購入の諸費用 , , , , , , , , , , , ,