<

中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

新築マンションと中古マンションの価格差はエリアで違う

      2016/12/24

新築マンションと中古マンションの価格差は住むエリアによって違ってきます。

新築と築10年の中古の平均価格でみると、当然、中古のほうが安い。

都市部の人気立地ほど新築と中古の価格差が縮まり、郊外ほど中古の割安感が出てくる傾向です。

特に郊外では、新築より割安な中古が魅力的に映ります。

でもそのぶん、将来住み替えたくなって売りに出す際に、売却金額を低くせざるを得ない可能性でてきます。

こうした点も視野に入れながら中古マンション探しは検討しよう。

また、新築と中古は購入時の諸費用も違います。

マンション購入時には、新築・中古を問わず、物件価格以外にもお金がかかるもの。

それぞれ、独自にかかる項目があるので、その違いを押さえておこう。

新築と中古は購入時の諸費用

※ あくまで試算

新築…物件価格:3500万円
専有面積:70m²
ローン:フラット35
返済期間:35年
借入額:3000万円

この条件で、必要な諸費用は…

諸費用…印紙税:3万5000円
登録免許税:20万5500円
司法書士報酬:15万円
住宅ローン手数料:3万2400円
仲介手数料:なし
火災保険料:5万円
団体信用生命保険:10万7300円
修繕積立金:30万円

合計 88万200円

中古…物件価格:2500万円
専有面積:70m²
築年:2004年
ローン:フラット35
返済期間:35年
借入額:2000万円

この条件で、必要な諸費用は…

諸費用…印紙税:3万5000円
登録免許税:19万5500円
司法書士報酬:15万円
住宅ローン手数料:3万2400円
仲介手数料:87万4700円
火災保険料:5万円
団体信用生命保険:7万1500円
修繕積立金:なし

合計 140万9300円

 - 中古マンションの価格相場 , , ,