<

中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

中古マンション投資で注意しておきたい実質利回りと表面利回り

   

中古マンションの利回りは「年間賃料収入÷購入価格×100」で算出できます。

では、その「利回り」…について非常に重要なことを説明しますね。

投資物件の売買情報で”収益・利回り○%”…

という文句、よく見かけますよね。

中古マンション「利回り」という言葉は必ず目にするものですが、こういう購入物件の条件で『利回り○%以上』と言われる利回りって、どういうものかというと…

投資額に対してリターン(収益)がどれくらいあるかを測る尺度のこと…です。

この利回りには、大きくわけて表面利回りと実質利回りの2種類があり、こと違いは重要ですからしっかり覚えておいてくださいね。

一般的な中古マンションの「購入価格」には、仲介手数料などの必要な諸経費が含まれていません。

また、固定資産税・都市計画税といった、中古マンションを所有することで発生する税金や、管理費・修繕積立金、さらにはローンの利子分なども、実は入っていません。

どういうことかというと…

一般的に出回っている利回りは、これら諸々の負担が含まれていない…ということです。

こういう利回りのことを、表面利回り、と言います。

「表面利回り」は年間の家賃収入の総額を物件価格で割り戻した数字。

表面利回り=年間収入÷物件価格×100

でも実際には表面利回りに入っている、仲介手数料や税金を差し引いたものが実際の利益になりますから…。

そういう利回りのことを実質利回りと言うんですが…

つまり、不動産業者が物件の広告は表面利回りであることを、是非しっかり知っておいてほしい…。

と、思うわけです。

 - 中古マンション投資 , , , , , , ,