<

中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

中古マンション投資の最大の敵、空室リスクをなくすためには…

   

中古マンション投資の最大の敵…。

それは「空室リスク」。

株式投資に比べればリスクは少ないと言える中古マンション投資ですが、実際はリスクもあります。

それが「空室リスク」です。

その他に「家賃低下リスク」もありますが、これはあとで触れることとして…。

「空室リスク」は中古マンション投資で最大の敵、最も避けなくちゃいけないことです。

空室になると家賃収入が入らず、管理費・修繕積立金、税金の負担やローン支払いの負担は全て手元資金からの持ち出しとなります。

もし空室が長期化すれば、資金ショート…なんて危険もはらんでますから…。

では、空室リスクを下げるために何をすべきか。

それは、空室リスクが起こりにくい物件・エリアを選ぶことです。

空室リスクが起こりにくい物件・エリアを選べば、なんとかリスクを回避できるようになります。
最終的な手段としては「サブリース」という方法もあります。

「サブリース」とは、物件を不動産会社などの業者に貸し出し、その上で業者が実際の居住者に又貸しすること。

これで「空室」という最悪のケースが免れる可能性はあります。

ただし、手数料が掛かり、その分利回りは低下しますので、リスク低減を考えると検討の余地はあると思いますが…。

重要なのは、都心にある空室リスクが起こりにくい、大学周辺などのエリアにある中古マンション物件を探す…。

これは絶対外せない条件です。

 - 中古マンション投資 , , ,