<

中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

これからの中古マンション投資で損しないポイント

   

2005年から人口減少が始まった日本。

人口が減れば、当然のことのように思える不動産需要、中古マンション需要が減っていく…。

なんて思っていませんか?

中古マンション投資は違います。

今や「地方は戸建・持ち家志向が強い」っていう一般的な考え方がありますが、人口が減少しているのはあくまで地方部だけ。

首都圏をはじめとした都市圏では人口はまだまだ増加してるんです。

それに特に東京都などでは何が始まっているかというと「都心回帰」という減少が始まり、2020年頃までは人口増加が続くと予想されてます。

つまり、中古マンション投資の重要ポイントである都市圏では、当分の間は単身者向けの需要は増え続けるということ。

これは間違いありません。

中古マンション投資は、今後も「都市圏の人気エリア」「利便性の高い立地」「単身者~夫婦世帯向けの小規模住宅」というトレンドがずっと続くと言われています。

それに加えて加えられるキーワードが「高級志向」「高齢者対応」です。

「高級志向」とは、分譲マンションのようにハイクオリティな設備・仕様を持つ物件のことで、最近ではクォリティーの高い中古マンション物件が増えていますが、そういう物件は今後間違いなく買いなんです。

「高齢者対応」は、近年では「老後は便利な都会で楽しく過ごす」と考えるシニア層が増えているので、都心部での高齢者向け物件のニーズがとても高まってきていますが、そんな物件はバリアフリー化が必須項目になってます。

中古マンション投資用の物件にもその傾向は強くなる…と思います。

 - 中古マンション投資