<

中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

中古マンションの「実物を見る」にはこれだけのメリットが!

   

今の新築マンションは、建物が完成する前に分譲する、いわゆる「青田売り」が主流。

これは、入居するまでの準備にゆとりが持てる、といった利点がります。

でも一方で、実物を見ないまま購入する不安もつきまとう。

パンフレットやモデルルームでほとんどのチェックは可能だが、日当たりや眺望をはじめ、実際の住戸でしか確認できない、ちったデメリットも少なくない。

だけど中古物件の場合はどうか。

自分の目で確かめることができ、管理状況なども把握できるのです。

また、購入時に専門家に欠陥の有無や建物の劣化状況を評価してもらうこともできる。

これにより、建物の強度や状況を正しく知ることができる。

これは購入者にとって一番大きいメリットだ。

そしてもう一つ忘れてはならない大きなメリットがある。

直近の住宅ローン金利が受けられるという点だ。

住宅ローンは融資実行時、つまり物件引き渡し時の金利が適用される。

かりに竣工までに時間がかかってしまうと、購入契約時と実際の金利に違いが出ることもたまにある。

もし金利が0.1%上がってしまえは、それだけ損することになる。

その点、中古マンションは引き渡しまでの時間差が少なく、心配の必要がない。

こうしてみると中古マンションの方がスムーズな生活が始められそうだと思いませんか。

 - 中古マンションの購入時期 , , , , , ,