中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

リフォーム

これだけは知っておきたいリノベーションできる中古マンションとできない中古マンション

投稿日:

最近はリノベーションが流行りだ。

一見、古ぼけた一昔前の中古マンションや団地でも、部屋や設備のリフォームを施せば新築以上の輝きを取り戻す建物が多い。

しかし、一方でデメリットもある。

中古マンションをリノベーションして、こんなハズじゃなかった、という話をよく聞く。

その違いはどこにあるのか。

失敗や後悔をしないリノベーションの方法はあるのか。

今から長年住み慣れたマンションをリフォームし始める前に、ぜひ知っていただきたい。

「リノベーションをしたい」と考えたとき、そのメリットはさまざまな書籍やWebサイト・TV番組などで紹介されている。

しかし、そのデメリットやリスクについて多く語られていることはあまりない。

住まいを実際にリフォームする前に、住みて側からすると注意すべき点も予め知っておきたいもの。

あとから「こんなはずじゃなかった……」と後悔しないために必要なのである。

では、失敗を回避するポイントにまとめて紹介する。

まず、これからリノベーションしたいと思っている方々にお話したい。

中古マンションのリノベーションはできないものとできないものがあることを理解して欲しい。

例えば、実はマンションの場合、リノベーションしたくてもできないいろんな制約があるのだ。

その一つが建物の構造による制約。

マンションの構造には≪壁式構造≫と≪ラーメン構造≫がある。

とくに築古物件に多い「壁式構造」では、建物を支える「構造壁」を壊すことができないので、間取りの変更に制約が生じてしまう。

したがって、マンションを買ってリノベーションする場合、希望どおりの間取りにできるかどうか、よく確かめて物件選びをする必要があるのです

その代表格が水回りだ。

もしリフォームで水回りの移動をしたいなら、PS(パイプスペース)の位置を考える必要がある。

PSとは部屋中に張り巡らされる給排水管が集まっている場所のこと。

管をまとめて通しているスペースなので、基本的に動かせない。

キッチンやバスルームといった水回りを移動したくても、PSからあまり遠くにすると、配管の勾配がとれず、給排水がうまくできなくなってしまうこともある。

だから、水回りは移動できる範囲に限りがあるわけだ。

中古マンションのリノベーションでは、まずPS位置の確認が必要。

希望する間取りの邪魔にならないかよく考える必要があるのです。







-リフォーム

執筆者:

関連記事

中古マンションのフォーム業者に相見積もりをとる時の注意点 その2

中古マンションのリフォーム工事費用を相見積もりする際に重要な2つ目のポイントをご紹介します。 相見積もりをとる際は、どのようなグレードの部材を使用して、どの範囲までの工事なのかということをはっきりと明 …

リフォーム業者選びで費用が100万円以上安いことも…

中古マンションを購入する際に、リフォーム工事の安い業者を紹介してほしいと、不動産担当者に依頼する方々がいます。 しかし実際は、紹介される業者のリフォーム費用よりも、他の自分で探したリフォーム業者の方が …

リノベーションしたくてもできない中古マンションの理由

リノベーションしたくてもできない中古マンションがある。 なぜリノベーションできないかというと、その主な理由には2つあり、1つは建物の構造による制約、もう1つは管理規約による制約だ。 構造による制約とは …

リフォーム済みの中古マンションを購入すべきでない理由

売り出されてる中古マンション物件をみると、売主側でリフォーム工事を行って、売りに出されているものが増えています。 もちろんリフォーム済みの物件は見た目に美しく、買主側の気持ちも動かされることは事実だと …

中古マンショリのフォーム業者に相見積もりをとる時の注意点 その3

中古マンションのリフォーム工事費用を相見積もりする際に、重要なポイント3つ目です。 中古マンションに限らず、中古の一戸建てリフォーム工事もそうなのですが、リフォーム業者の中には、見積もりの時点では非常 …