中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

リフォーム

リノベーションしたくてもできない中古マンションの理由

投稿日:

リノベーションしたくてもできない中古マンションがある。

なぜリノベーションできないかというと、その主な理由には2つあり、1つは建物の構造による制約、もう1つは管理規約による制約だ。

構造による制約とは、中古マンション建物の構造自体が、そもそもリフォームに適さいない場合のことだ。

マンションの構造には≪壁式構造≫と≪ラーメン構造≫、この2つしかない。

とくに築古物件に多い≪壁式構造≫は、建物を支える「構造壁」を壊すことができない。

壁式は構造的にそれ自体が重要なものだからだ。

だから理想の間取りに変更したくても何らかの制約が生じてしまう。

中古マンションを購入してンを買ってリノベーションしたいなら、希望どおりの間取りにできるかどうか、必ずチェックが必要となる。

よく確かめて物件選びしてください、ということだ。

 

もう1つは管理規約だ。

管理規約による制約とは、たとえ中古マンションの構造がリノベーション可能でも、マンションの管理規約によって、やりたいプランや変えたいプランが実現できないという住んでいるマンション独自の制約のこと。

どういうことかというと、マンションはマンション住民の共有財産である、と言えば何となくイメージが付くだろうか。

マンションは住民同士が価値を維持しながら、快適な生活を送るための最低限のルールがある。

そのルールが管理規約だ。

中古マンションをリノベーションをする場合、たとえば、「カーペットや畳をフローリングに変更したい!」と思っても、マンションによっては工事音を懸念して、床材の変更を禁止している場合があるし、また、「オール電化にしたい!」と思っても、電気・ガス・給湯器などの容量が決められている場合もある。

つまり、リノベーションしたくても管理規約でダメ出しを食らう場合がある。

だから、中古マンションを買ってリノベーションする場合、購入前に管理規約の内容を十分に確認して、希望のプランが実現可能かどうかを前もって確認しておかなければならないというわけだ。

中古マンションのリノベーションで一番ややこしいのは専有部分と共用部分の違いだ。

リノベーションで変更できるのは専有部分(住戸内)に限られ、共用部分(共同廊下や階段・エントランス等)は手を加えることができない。

窓(ガラス・サッシ)や玄関ドア・バルコニーのリフォームをしようとしている人が多いが、そこは共用部分。

勝手に色を塗り替えたり、新しいものに交換したりすることはできないのだ。

やはり、中古マンションを買ってリノベーションする場合、内覧時に建物外観や玄関・窓・バルコニーのデザインや使用感っていうのがとても大事になる。

そこはよく確認しておく必要があるのだ。







-リフォーム
-, , ,

執筆者:

関連記事

中古マンショリのフォーム業者に相見積もりをとる時の注意点 その3

中古マンションのリフォーム工事費用を相見積もりする際に、重要なポイント3つ目です。 中古マンションに限らず、中古の一戸建てリフォーム工事もそうなのですが、リフォーム業者の中には、見積もりの時点では非常 …

リフォーム済み中古マンションのデメリット

すでにリフォームされた中古マンション物件を買ってはいけない、もう1つの理由は、物件状態がわかりにくいという問題です。 これから購入しようとする中古マンション物件が、天井や壁、床などにリフォーム工事がな …

リフォーム済みの中古マンションを購入すべきでない理由

売り出されてる中古マンション物件をみると、売主側でリフォーム工事を行って、売りに出されているものが増えています。 もちろんリフォーム済みの物件は見た目に美しく、買主側の気持ちも動かされることは事実だと …

これだけは知っておきたいリノベーションできる中古マンションとできない中古マンション

最近はリノベーションが流行りだ。 一見、古ぼけた一昔前の中古マンションや団地でも、部屋や設備のリフォームを施せば新築以上の輝きを取り戻す建物が多い。 しかし、一方でデメリットもある。 中古マンションを …

リフォーム工事の費用を安く抑えたいなら業者は自分で探すべき

中古マンションを購入したら、多くの方が多少のリフォームをします。 この時のリフォーム業者探しは、不動産業者の営業担当者に頼らず、できるだけ自分自身で探すようにしてください。 なぜなら、不動産業者が選ん …