<

中古マンション購入のテクニック

中古マンションをお得にゲットしちゃおう!

中古マンションの価格交渉を優位に進めるためには…

   

中古マンションを契約する時、つまり契約日には「重要事項説明」というものが行われます。
この「重要事項説明」って何のことかご存知ですか?

これは、その中古マンションを購入するか否かの判断に影響を与えることについて、宅地建物取引主任者が購入しようとしている人に契約内容の中身を説明することを指します。

その内容に納得すれば、売主と買主が双方で契約書に名前を書き、捺印し、契約成立となります。
しかし納得しなければ、不成立となり、次の購入希望者に渡されていく…という仕組み。

契約が済めば、そのまま住宅ローンの申し込みを行い、売買代金の決算日を決めます。

決済日には、売買代金の支払いや物件の引き渡し、登録手続きに必要な書類の受け渡しなどが行われます。

これが中古マンションの売り買いの一連の流れですが、この流れがわかっていると、今すべきこと、考えなくちゃいけないことなどがある程度ハッキリとしてきますし、しかも、実は大きなメリットもあります。

どういうメリットかというと、中古マンションの価格交渉の時に優位に進めることができるということです。
つまり、どの段階で価格交渉をすべきか、どこまで価格に対して妥協すればいいのか、そんなタイミングや判断がしやすくなるのです。

 - 中古マンション購入の流れ , , , , , , , , , , , ,